HP制作
ホームページ制作に決まった答えはありません。

ホームページには、クライアントそれぞれに伝えたい内容・形式・デザインが異なります。
クライアントに最も最適な答えを一緒に見つけ出し、形にしていくことも、当社の役割のひとつであると考えています。

クライアントがイメージしているデザインに仕上げることはもちろんですが、かっこいいだけではなく、本当に集客につながるホームページを作り上げていくことが、当社のホームページ制作事業において最も重要視している点です。

そしてホームページは、数ある広告媒体の中でもその場で顧客の購買につながる唯一の媒体です。
「ユーザーにとって必要な情報を提供し、クロージングをかけることができるか。」
「そのコンテンツを見て、ユーザーの心を動かすことができるか。」
クライアントの希望する形に作って終わりではなく、公開後の運用まで作りこんだホームページを提供することが当社が展開するホームページ制作のサービスです。
当社の強み
これまで多くの士業のクライアントのホームページを制作しきた当社だからこそできる強みがあります。

1.制作力が違います。
クライアントのイメージを聞くだけ聞いて、そのままデザインに起こすことならば誰でもできます。
一般的な法律系事務所の制作会社の場合、多くは文章や画像などをクライアントから提供してもらい制作していきますが、クライアントには多大な負担がかかります。
弊社の場合、目的が共有できれば、法律的な文章の作成から画像、イラスト、キャラクターなどすべて自社制作で行うことができ、「HP作成を依頼しても自分で文章等を考えるのは手間だ」と考えるクライアントからもっとも評価頂いている部分でもあります。

2.クライアントのイメージを共有する力が違います。
法律事務所で実務経験を積んでいるスタッフや、法律系資格の有資格スタッフがおり、法律知識はもちろん、士業のクライアントが発信したい情報についても正確かつスピーディに共有することができます。
士業の業界を知っているからこそできる、当社ならではの強みです。

3.提案力が違います。
クライアントのご希望に沿って、提案をカスタマイズすることは、ホームページ制作において当然と言えます。
クライアントの特色を理解し、集客につながるコンテンツの提案を行います。
また、当社には商業誌掲載経験のあるイラストレーターもおり、素材もほとんどが自社製作です。
どこかで見たことがあるイラストが載っているホームページではなく、クライアントオリジナルのホームページを作ることができ、他社との差別化につなげることができます。
ホームページの魅力
·紙やメディアなど、他の媒体と異なり文字数や枠に制限がないため、伝えたいことを見込み客にしっかりと伝えることができる
·閲覧した見込み客がその場で購買や問合せなどの行動を起こすことができるため、顧客獲得に直結する唯一の媒体である
·出稿するごとに費用がかかるほかの媒体と異なり、ホームページは一度公開をしたらその後出稿の費用がかからない上に、なくなってしまうこともないため、低コストで大きな集客が見込める
ホームページの種類
コーポレートサイト
事務所や会社の知名度を上げたい、サービスを広く認知してもらいたいといった目的で制作します。一般的に言う、企業の紹介・案内のためのホームページです。コーポレートサイトは、今の会社の活動や姿を伝える手段として、企業の特色や魅力・企業価値を生み出す構成がテーマとなります。
ブランドサイト
新たなサービスや事業を立ち上げたときに、そのサービスや事業を強化する目的で制作します。コーポレートサイトでは案内しきれない詳細情報などを発信し、 新規顧客の入り口となるだけでなく、 既存顧客にも信頼感を向上させる構成がテーマとなります。
リクルートサイト
企業のイメージアップや、新たな人材の雇い入れを目的に制作します。その企業が持つ風土や特徴、魅力を伝え、優秀な人材の雇い入れを狙うだけでなく、企業に興味を持っている人へのイメージアップにもつなげられる構成がテーマとなります。
IRサイト
新規投資化の獲得・既存投資家への信頼感の向上を目的に制作します。投資家に対して業績や今後の見通し、経営戦略を発信し、経営安定のための資金調達へつなげます。IRサイトは投資家が注目する情報が他のサイトとは異なり、独特の構成が必要になります。
キャンペーンサイト
商品やサービスの認知度の向上、販促促進などを目的に制作します。期間限定のサービスへの集客や、特定のサービスへの集客を行いたい場合などに有効なページです。企業サイトとはデザインを区別し、参加したくなるようなお得なポイントやサービスの企画を行い、新規顧客の獲得を目指し、企業やサービスの認知度と高感度を向上させる構成がテーマとなります。
ECサイト(インターネットショップ)
新商品や新規顧客への販売テスト、インターネット上での販路の獲得などを目的に制作される、いわゆるネットショップです。商品の充実、購入につなげる販促キャンペーン、商品知識や取り扱い方など、見込み客が必要としている情報の充実など、幅広い情報が情報が必要となります。また、ホームページ開設後の運用が売上げ増大のポイントとなる部分も特徴的です。
CMSを利用したホームページ
コンテンツの管理や更新を自社で行いたい場合や、情報をリアルタイムに更新したい場合、開設後の管理費用を抑えたいといった目的で制作されます。ホームページを構築する専門的な知識をあまり必要とせず、運用開始後は自社内でコンテンツ管理を実現することができる仕組みがCMSサイトです。ホームページを制作したけれど、更新の都度費用がかかったり、更新が反映されるまでに制作会社とのやり取りが発生するため、反映に時間がかかるなどといったデメリットを解消することもできる構築方法です。