紙媒体
紙媒体には、新聞紙面、新聞折込、雑誌、フリーペーパー、ポスティングなど様々な媒体があります。
数ある媒体の中から、クライアントの目的・商材に合わせて媒体の選定をする専門的な知識が必要となります。

当社にご相談いただくクライアントにも「費用に見合った反響が得られていない」という悩みを抱えている方が多くいらっしゃいますが、実はその悩みの多くは、媒体の特性が十分に活かしきれていないことにあります。

当社では、各媒体が持つ特性や可能性を最大限引き出すために、マーケティング・プランニングから出稿後の改善までトータル的に行うことで、顧客獲得をサポートします。
当社の強み
北は北海道、南は沖縄まで幅広くメディアの出稿をご提案することができます。
当社は法律事務所出身のスタッフがおりますので、広告媒体ごとの規則だけでなく各都道府県会の規則にも則った広告制作が可能なだけでなく、クライアントが広告に載せて伝えたいイメージをより性格に、スピーディに共有し、実現することがが可能です。

その他、素材のほとんどを自社で制作することができますので、他者広告との差別化を図ることも可能です。
広告戦略
顧客を獲得したいエリアに大量の広告を出稿するだけでは、顧客獲得の機会は増えていきません。
配布エリアや折込エリアの属性(人口、世帯数、年齢割合、収入層、競合他社、年収、風俗営業店舗数、破産者割合、登記数など)を分析し、競合他社の配布計画とは一線を画す広告戦略を提案します。
クロスメディア広告のご提案
メディア媒体によって見込み客にインパクトを与え、紙媒体で顧客の記憶に留め、長く広告の効果を発揮させることができます。
紙媒体の魅力
· 活字で伝えたいことを明記するので、受け取った人が広告主の意図を明確に理解することができる
· 広告そのものが手元に残るため、時間が経ってからでもレスポンスを得ることができる
· 地域や年齢層などのセグメント分けをすることができるため、低コストで出稿することができる